Beauty īŧ† Peace

数ある中から、わたしをčĻ‹ã¤ã‘ãĻくださり、ありがとうございぞすīŧ

攚めぞしãĻ、かãŋたãĢãŋわとį”ŗしぞす。


įžåœ¨ã¯ã€120æ­ŗぞでįžåŊšãƒ¨ã‚Ŧぎ先į”Ÿã‚’į›ŽæŒ‡ã—ãĻ、æ—Ĩ夜、ゆるりとã‚ĸãƒŧãƒĻãƒĢヴェãƒŧダīŧˆã‚¤ãƒŗドåŒģå­Ļīŧ‰ã‚’į”Ÿæ´ģãĢ取りå…ĨれãĻ、č‡Ēåˆ†å˛ä¸Šã€ä¸€į•Ē、åĨåēˇįš„ãĒ毎æ—Ĩを過ごしãĻいぞすīŧ


ただ、ここãĢčžŋりį€ããžã§ã€é•ˇåŧ•ãä¸čĒŋãĢ悊ぞされ、č–ŦãĢé ŧるしかãĒいæ—Ĩ々をįĩŒé¨“をしぞした。


äģŠã‹ã‚‰15嚴前、わたしぎ不čĒŋは、全čēĢãĢ及んでいぞした。そしãĻ、åŋƒã‚‚ボロボロãĢãĒãŖãĻいぞした。


ã‚ĩナãƒĒãƒŧマãƒŗだãŖたわたしは、常ãĢäģ•äē‹ãĢčŋŊわれ、äēēãĢé ŧることもできずãĢ、おäŧ‘ãŋぎæ—Ĩもäģ•äē‹ã‚’しãĻいãĒいとčŊãĄį€ã‹ãĒいâ€ĻそんãĒįŠļ態でした。æœŦéŸŗをずãŖと隠しãĻã€å‘¨å›˛ãŽéĄ”č‰˛ã‚’čĻ‹ãĻは、ぞた、æœŦéŸŗを隠すâ€Ļぎįš°ã‚Ščŋ”しでした。


それãĒぎãĢ、äŧšį¤žã‹ã‚‰ãŽčŠ•äžĄã¯æœ€æ‚Ēでした。īŧˆäģŠãĒら、寞į­‰ãĒčŠ•äžĄã ãŖたと思えぞすīŧ‰


わたしはäŊ•ãŽãŸã‚ãĢį”ŸããĻるんやろうâ€Ļと時々、思うことはあãŖãĻも、čĻ‹ãĒいãĩりしãĻいぞした。


そんãĒåĢŒãĒį’°åĸƒãĒら変えればいいīŧã‚ã‹ãŖãĻいãĒãŒã‚‰ã‚‚ã€å¤‰ãˆã‚‹å‹‡æ°—ã‚‚æ˛¸ã‹ãšã€æ™‚ã€…ã€å„ĒしくæŽĨしãĻくれるäēēãŸãĄã‚’åŋƒãŽæ”¯ãˆãĢ過ごしãĻいぞした。

æ‚ļ々としãĻいたã‚ĩナãƒĒãƒŧマãƒŗ時äģŖ

そんãĒ、わたしは、20æ­ŗäģŖぎ時からæŋ€ã—いį”Ÿį†į—›ãŒã‚り、それをį†į”ąãĢäŧ‘むとåĢŒå‘ŗã‚’č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ææ€–ã‚‚ã‚ã‚Šã€éŽŽį—›å‰¤ã‚’éŖ˛ãŋãĒがら、äģ•äē‹ã‚’įļšã‘ãĻいぞした。


そんãĒあるæ—Ĩ、čŦŽãŽéĢ˜į†ąãĢčĨ˛ã‚ã‚Œãžã™ã€‚あぞりãĢįļšããŽã§ã€į—…é™ĸãĢčĄŒãã¨ã€č…Žį›‚č…Žį‚Žã¨į™ēčĻšã—ぞした。そぎ半嚴垌ãĢも、再į™ē。


į˛žå¯†æ¤œæŸģを受けるようåŒģč€…ã‹ã‚‰æŒ‡į¤ēされぞした。


検æŸģ技å¸Ģぎ前で、ã‚Ēã‚ˇãƒƒã‚ŗをしãĒいといけãĒã„ã€ã¨ã„ã†æ‚˛ã—ã„æ¤œæŸģもありぞした。それでも、原因はį‰šåŽšã§ããšã€ãŸãžãŸãžå‡ēäŧšãˆãŸåŠĻäēēį§‘ぎ先į”ŸãŒå­åŽŽå†…č†œį—‡ã§ã¯ãĒいかとč¨ē断。


į”Ÿį†ã‚’æ­ĸめるæŗ¨å°„を半嚴、įļšã‘ãĻ、äģĨ降は閉įĩŒã™ã‚‹ãžã§ãƒ”ãƒĢをéŖ˛ãŋįļšã‘ãĻãã ã•ã„ã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚


ピãƒĢぎ副äŊœį”¨ã¯ã€ã˛ãŠãã¯ãĒいもぎぎ、čēĢäŊ“ã¸ãŽč˛ æ‹…ã¯å¸¸ãĢåŋƒé…ã—ãĻいぞした。これをあと20åš´ã‚‚éŖ˛ãŋįļšã‘るぎかīŧŸ

そぎ頃、ヨã‚ŦãĢį›ŽčĻšã‚ãĻいたわたしは、ã‚ĸãƒŧãƒĻãƒĢヴェãƒŧダãĢもé–ĸåŋƒãŒã‚り、わたしぎ不čĒŋはæ˛ģせるんじゃãĒいかと思い始めぞす。

そこから、わたしぎäēēį”Ÿã¯ã€å¤§ããå¤‰åŒ–をしぞす。


čēĢäŊ“ぎäģ•įĩ„ãŋã‚’åžšåē•įš„ãĢį ”įŠļã€‚é€ąæœĢはヨã‚Ŧぎ先į”Ÿã‚’しãĻいたぎで、į”Ÿåž’さんぎ悊ãŋã‚‚čžã„ãĻ、それもぞたį ”įŠļしぞした。č‡Ē分ぎčēĢäŊ“を原験台ãĢしãĻ、あれこれčŠĻしぞした。そしãĻ、čēĢäŊ“ãĢé–ĸしãĻ、įĸēå›ēたるæŗ•å‰‡ã‚’čĻ‹ã¤ã‘ぞす。


それから、č‡Ē分でも銚くãģお、ヨã‚Ŧぎã‚ĸãƒŧã‚ĩナīŧˆãƒãƒŧã‚ēīŧ‰ãŒã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりぞした。ã‚Ģチã‚ĢチだãŖたわたしぎčēĢäŊ“ãĢ銚く変化がčĩˇã“りぞした。


そしãĻ、それと同時ãĢ、åŋƒãĢも大きãĒ変化がčĩˇã“りぞす。


あれだけ怖くãĻčžžã‚ã‚‰ã‚ŒãĒかãŖたäŧšį¤žã‚’čžžã‚ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããŸãŽã§ã™īŧ


ヨã‚Ŧぎ先į”Ÿã§į”Ÿæ´ģしãĻいけるč‡ĒäŋĄãŒå‡ēãĻきたぎです。åŋœæ´ã—ãĻãã‚Œã‚‹æ–šã€…ãŒãŸãã•ã‚“ã„ãŸã“ã¨ã¯č¨€ã†ãžã§ã‚‚ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚


すると、äŧšį¤žã‚’čžžã‚ãĻから、半嚴もしãĒã„ã†ãĄãĢ、わたしぎčēĢäŊ“はčĻ‹ã‚‹čĻ‹ã‚‹į—Šã›ãĻいき、小å­Ļį”ŸãŽæ™‚から悊んでいたおデブが一気ãĢč§Ŗæąēしぞすīŧ

į—Šã›ãŸį›´åžŒ

しかし、フãƒĒãƒŧナãƒŗã‚š1åš´į›ŽãĢã‚ŗロナãĢčĨ˛ã‚ã‚Œã€é †čĒŋだãŖたヨã‚Ŧぎおäģ•äē‹ã‚‚数が減り、į§č‡ĒčēĢもåĢめ切įžŊčŠ°ãžãŖたäēē々ぎåŋƒãŽé—‡ã‚’čĻ‹ãĻ、äŋĄé ŧé–ĸäŋ‚が崊れるįžŦé–“ã‚’åšžåēĻとįĩŒé¨“しぞした。そんãĒとき、運å‘Ŋぎå‡ēäŧšã„がありぞした。


そぎæ—ĨをåĸƒãĢ、čēĢäŊ“ãĢフりãƒŧã‚Ģ゚しãĻいたわたしぎį ”įŠļは「ヨã‚ŦæœŦæĨぎ」åŋƒãŽåˆ†é‡Žã¸ã‚‚å…Ĩりぞす。


ã‚ŗロナįĻãĢもらえたたくさんぎ時間をäŊŋãŖãĻ、åŋƒã¨čēĢäŊ“ぎįš‹ãŒã‚Šã‚’įŸĨč­˜ã§ã¯ãĒく、įĩŒé¨“としãĻ、掴ãŋ始めぞす。


加えãĻ、占いがåŋƒãŽį´č§Ŗきぎ劊けをすることがわかり、大åĢŒã„だãŖた占いぎį ”įŠļも始ぞりぞす。


そしãĻ、äģŠįžåœ¨ã¯â€Ļ


å›ŊåŽļčŗ‡æ ŧã‚’ãŠæŒãĄãŽãŠåŒģč€…æ§˜ãĢã¯åžĄæŗ•åēĻとされãĻいる『åŋƒã¨čēĢäŊ“ぎįš‹ãŒã‚Šã‹ã‚‰æ‰‹åŊ“』できるヨã‚Ŧぎ先į”Ÿã‚’する傍ら、


そぎ手åŊ“ぎ斚æŗ•ã‚’äŧæ‰ŋするためãĢ、有åŋ—ã¨å…ąãĢエ゚テテã‚Ŗã‚ˇãƒŖãƒŗãŽč‚˛æˆã€å€‹äēēでã‚ĸãƒŧãƒĻãƒĢヴェãƒŧãƒ€æŒ‡å°Žč€…č‚˛æˆã‚’ã•ã›ãĻ頂いãĻおりぞす。


įĩåą€ã€ã‚ãŸã—ãŽå­åŽŽå†…č†œį—‡ã¯ãŠã†ãĒãŖたかīŧŸã¨ã„うと、厌æ˛ģしぞしたīŧį”Ÿį†į—›ã‚‚ãĒく、チãƒŖãƒĒãƒŗã‚ŗで10キロを゚イ゚イį§ģ動、æ—ĨæœŦ全å›Ŋæ´Ĩ々æĩĻã€…ãŽčĄŒč„šã‚‚ãĒんぎそぎâ€Ļč‡Ēåˆ†å˛ä¸Šã€ä¸€į•ĒぎåŋƒčēĢぎã‚ŗãƒŗデã‚Ŗã‚ˇãƒ§ãƒŗã¨ã‚„ã‚ŠãŸã„æ”žéĄŒã€č¨€ã„ãŸã„æ”žéĄŒãŽã‚ãŸã—ã‚’č¨ąã—ãĻくれるäģ˛é–“ãŸãĄãĢ支えãĻもらい、æĨŊしく過ごしãĻいぞす。

įžåœ¨ãŽã‚ãŸã—

čŋŊäŧ¸


これは、į§ã ã‘ãĢčĩˇããŸį‰šåˆĨãĒことではありぞせん。勇気をå‡ēしįļšã‘たäēēãĢはåŋ…ず、č¨ĒれるゎフトだとįĸēäŋĄã—ãĻいぞす。もう、我æ…ĸしãĻ、åŋƒãĢč“‹ã‚’ã—ãĻį”Ÿãã‚‹ãŽã¯æ‰‹æ”žã—ãĻ、ありぎぞぞぎč‡Ēį”ąåĨ”攞ãĒ毎æ—Ĩã‚’å§‹ã‚ã‚‹ä¸€æ­Šã‚’č¸ãŋå‡ēしぞせんかīŧŸ


もし、そぎ手劊けがåŋ…čĻãĒら、勇気をå‡ēしãĻ、おåŖ°ã‚’かけãĻください。あãĒたがįĩļåĨŊčĒŋをįļ­æŒã§ãã‚‹ãžã§ã€čĒ åŋƒčĒ æ„ã‚ĩポãƒŧトしぞすīŧ


ヨã‚ŦがåĨŊきãĒäēēãĢも、そうでãĒいäēēãĢも、

「やãŖãąã‚Šä¸čĒŋãŖãĻしんおいから」

こぎ世から、少しでも減ãŖãĻくれたらåŦ‰ã—いですīŧ